やさしい曇り空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)


どんなに強い風が吹いても
身体を穿つ雨が降っても
あなたのところに走っていこう

行っても何も出来なくて
慰めの言葉もなくっても
あなたのところに走っていこう

うずくまる背中の横にすわって
一緒に涙を流すだけ
ただそれだけをするために
あなたのところに走っていこう
スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 01:21:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

価値


ビンの中のビー玉は
キラキラ光る光の雫
どんな宝石にも負けはしない

そんなものなんて言わせない
私の基準は私が決める
  1. 2005/10/29(土) 00:59:32|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あたたかなかぜ


いつか吹くあたたかなかぜが
この身体を吹き抜けて
天に戻っていったなら

私はうたうかぜになり
あなたの濡れたほほを乾かすだろう
あなたはあなたのままで充分うつくしいのだと
なにも心配することはないのだと
あなたを抱きしめる心地よいかぜになろう

あなたが私を忘れても
私はなんどもあなたに吹いて
ずっとずっと大丈夫だよとうたい続けよう
  1. 2005/10/28(金) 15:51:36|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ワンコイン


昨日と今日と明日
また昨日と今日と明日
時間の流れは止らない

この泉はトレビじゃない
それでもいつか
もう一度戻ってこられますように
今あなたが笑う瞬間に


※この詩は、『25/15title』というサイト様のお題をもとに、
作られたものです。


  1. 2005/10/26(水) 22:32:13|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

望郷


混沌とした固まりの中から
ここに堕とされた私たち

ただいい魂になるために

原石が宝石に磨かれるよう
それだけのためにある世界

ただいい魂になるために

やがて全てがいとおしく
いつの日かそこに還るまで

みいんな包んで地球を回す
みいんな包んで宇宙をつくる
  1. 2005/10/26(水) 15:55:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絶対勝利宣言


息を吐くのが苦しくて
息を吸うのが苦しくて
浅い呼吸を繰り返す
私は負けない
絶対負けない

心の痛みに耐えきれず
自分を傷つけてしまっても
もう心を汚しはしない

ここから先は流されない
ここから先は戦うだけ
私は負けない
絶対負けない

転んだら立ち上がる
また転んだらまた立ち上がる
痛くても膝をはたいて立ち上がる
何かをつかんで立ち上がる
私は負けない
絶対負けない

あなたを守るため
再びここから立ち上がる

  1. 2005/10/24(月) 00:43:40|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4


なあんにもなかったみたいに晴れた空
なあんにもなかったみたいに歌う鳥
なあんにもなかったみたいに笑う他人(ひと)

ここにあなたがいないのに

  1. 2005/10/21(金) 01:20:04|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

意味


あなたがここにある意味は
だれかが決めるものでない
あなたがここに来た意味は
だれかが否定できるものじゃない

立ち止まってはいけない
止れば涙がこぼれるから
振り返ってはいけない
振り向けば膝を抱えてしまうから

この世界は悲しいから
優しいままでは生きられない
この世界は苦しいから
遮断しなくては生きられない

冷たい雨に震えないで
見つけるんだ今すぐ早く
どこかの扉の中にある
さがせさがせ扉を開けろ
本当の答えを手にする日まで

あなたがここにある意味は
この世界の中にある
あなたがここに来た意味は
どこかであなたを待っている

  1. 2005/10/21(金) 00:49:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

発現


ぐんぐんと波を抗い泳げる魚
朝霧の中子供と一緒に歩く牛
種を宿した美しい植物

それら全ての未来を奪って
私たちの今はある

命を繋いで命が消える
弱肉強食ピラミッド
人間は誰にも食べられない

未来を奪ってしまったのなら
せめて私に発現させよう

宿命を強く泳ぎ切り
子供の手を取り前に進もう
誰も見ていないところでも
小さな花を凜と咲かせる
そんな人間になれるよう

食べてしまった輝く命に
恥じない自分になれるよう


  1. 2005/10/17(月) 17:23:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あたりまえ


あたりまえに日が昇り
あたりまえに日が沈む
あたりまえに月が出て
あたりまえに星がまたたく

あたりまえに親がいて
あたりまえに我が子が笑う
あたりまえに家事をして
あたりまえに仕事をする

あたりまえに健康で
あたりまえに平凡で
あたりまえに順風で
あたりまえに楽しくて

そんなあたりまえがあたりまえじゃないことに
あたりまえが消える時まで気づかない

でも悲しまない
ふと振り向いて時計を見ることさえ困難でも
そんなそんな小さな事さえ
あたりまえではなかったんだと
気づくことが出来たから
  1. 2005/10/17(月) 13:21:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

親友


あなたがここにいないのは
あなたが願ったからじゃない

あなたがここにいないのは
あなたが間違ったからじゃない

あなたがここにいないのは
誰かが悪いわけじゃない


新緑が光を透かせて踊っても
水面が透明に輝いても
今日見た夕焼けが一番きれいだったと思えても
あなたがいないそれだけが私の心を埋められない
失ってしまったパズルの一欠片のように


あなたは私の目標だった
あなたは私のあこがれだった
あなたは私のライバルだった
そして誰より親友だった

言えないままで途切れてしまったけど

その仕草
その笑顔
怒った顔も涙も声も長い手足も細い身体もずっと忘れない

もう一度あなたに出会う日まで
【“親友”の続きを読む】
  1. 2005/10/16(日) 06:34:51|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

包容


白い珊瑚は
ほねのよう
濡れ光る砂に
やがては還る

おいで
おいで
こっちにおいで

ここから先は
あなたの来た場所
むかしむかしの
そのむかし

その穏やかな
波のよう
ここからあがって
ここにつく

もう大丈夫
よくきたね

おいで
おいで
こっちにおいで

悲しかったね
辛かったよね
うれしかったね
楽しかったね

おいで
おいで
こっちにおいで

みんなみいんな
忘れていいよ

みんなみいんな
忘れていいよ

悲しみはいつか
砂になるから

おいで
おいで
こっちにおいで

苦しみはいつか
波になるから


心のなかに
よろこびだけが
のこったら

ここに溶け合い
地球をうたおう
【“包容”の続きを読む】
  1. 2005/10/14(金) 15:03:11|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

SOS


私のあしもとには立ち上がる地面がない
私の横にはつかまる支えがない
私の頭上には光が差さない

私の後ろにはたくさんの喜びと
同じくらいたくさんの悲しみがあった

私の前方にある未来には
やはりきっとたくさんの喜びと
やはりきっとたくさんの悲しみが待っている

悲しみは
怖い
苦しみは
怖い
そしてあなたの辛い顔は
私に最強の痛みを知らしめる

ここは安住の地
ここに要塞を築こう
誰も私を傷つけない要塞を
もう前になんか進みたくはない

歩かないなら地はいらない
光が差さないのなら天はいらない
立ち上がらないなら支えもいらない
行きたくないなら未来もいらない

ただ真っ暗な空間で
膝を抱えてじっとする
目の奥で悲しみが回って
眠ることさえ許されなくても

守りたくて守りたくて守れない悲しみ

このまま何も感じない石になりたい

ここは安住の地
私だけの要塞
ゼロパーセントの電源が
10パーセントだけたまったら
この小さな窓に打ち込もう

「誰かそこにいませんか?」
「私はここにいます。」
  1. 2005/10/14(金) 00:00:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

-天気予報コム- -FC2-