やさしい曇り空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冷夜


強い冷気
凜と光る星
抵抗ゼロで降る光

今静かに目を閉じる

空に星に雲に木に
あの家に灯る明かりに
流れる川の水面に
木の葉に身を寄せる虫に
静かに深く同化する

それでも私は私
私以外の何者でもない
ここにはじまりここに還る
スポンサーサイト
  1. 2005/12/28(水) 18:04:32|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3


言えなかった想いは
冷たい空気に吸い込まれ
白い言葉となって
あなたに降り積もるだろう

しんしんと
しんしんと

静寂という音をたてて
  1. 2005/12/22(木) 01:20:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

欲張り


どんなに大事な事をしていても
どんなに評価される事をしていても
泣き叫ぶ子は待ってはくれない

普通に洗濯がしたい
普通にご飯が作りたい
普通に当たり前のことを頑張りたいだけなのに
子供は待ってはくれはしない

そう
自分の仕事を出来る限り一生懸命頑張りたい
そんな当たり前な真面目な考えは
それはもうすごくすごく欲張りで
すごくすごくわがままな事だったんだ

勉強や仕事や家事を頑張ることは
何より正しく見えるけど
決して何でも許される印ろうじゃない
それが出来ることは当たり前じゃない
本当はそれはとても欲張りでわがままな心だから
こんなに頑張ったなんて自慢しちゃいけない
そおっと
わがままが許されたことに感謝出来る人になりたい
  1. 2005/12/22(木) 01:09:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

足跡


真っ白な雪原に
足跡を付けたら
汚してしまったようで
泣きたくなった

それでも前に進むんだ
  1. 2005/12/18(日) 11:39:16|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7

積雪


置いて行けばいい
置き去りにすればいい

やがて雪が降り
何も無かったように降り積もり
立ちつくす私を越えて降り積もり
輝く明度であなたを祝福するだろう

置いて行けばいい
置き去りにすればいい

それがあなたの選んだ道なら
少しでもあなたの役に立つのなら
私は喜んでここに消えよう

やがて雪が溶け
白い骨があなたを泣かすことが無いのなら
私をここに
置いて行けばいい
  1. 2005/12/17(土) 17:50:55|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

師走


しなければならないことが
たくさんで
したくないことも
たくさんで
したいことも
たくさんで
できないことも
たくさんで

ふゆのひざしに
ふっとためいきひとつ

けっきょく
なあんにもすすまない
すすんだのはじかんだけ

  1. 2005/12/15(木) 11:22:22|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

祈り


私がもっと強ければ
あなたを救えたかもしれない

私がもっと優しければ
あなたを救えたかもしれない

私がもっといい頭なら
あなたを救えたかもしれない

私がもっとちゃんとした人なら
あなたを救えたかもしれない

なんにも出来ない不甲斐ない私
なんにも出来ない不甲斐ない私

私に神はいないから
風に土に木に
あなたが救われることを祈ろう
見るもの全てに
あなたの幸せを心から祈ろう
ここからずっと
いつまでも
  1. 2005/12/10(土) 12:34:51|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

立ちすくむ


最後に見たのは何だったんだろう
あなたの頭上に輝いていた未来は
その瞬間に全てが消え去った

あなたが卒業式でみんなと歌うはずだった歌は
あなたなしでは完璧には成り得ないのに
あなたのセーラー服姿はきっとまぶしかったのに
あなたが恋に落ちる相手は今もどこかで待っているのに
必死に部活をして無二の親友を得るはずだったのに
なりたかったものになるという夢もあったのに
結婚式のあなたはきっと父を泣かせて誰よりも美しく
やがてその手に柔らかな頬の宝を至福の顔で抱くはずなのに
その瞬間に全てが消え去った


最初に浮かんだのは何だったんだろう
あなたを宝に思う家族の心は
その瞬間に全ての色を失った

あなたが生まれた時のこと
あなたの初めて歩いた日
あなたの笑顔
あなたの泣き顔
あなたの可愛い声
あなたの優しい言葉
そして最後に見たあなたの姿
怖かったろうと思ったら
痛かったろうと思ったら
頭では納得しても止められない悲しみに落ちてしまうだろう
どうしようもないとわかっていても
守ってやれなかった自分を責めるだろう
あなたと共にあるはずだった家族の未来は
その瞬間に全ての色を失った


最後の一線を越えさせてしまったのは何だったんだろう
あなたを手にかけた者は
その瞬間にあなたと家族の未来をぷちりと切った
そしてまた自分とその家族の未来をも叩き潰した
理解するのは難しい
でもどこかにきっと訳があったのだろう

あなたの失った未来が悲しくて
あなたを想う家族が悲しくて
手にかけてしまった人も悲しくて
その人の家族も悲しくて
私はただ此処で立ちすくむ

あなたも家族も手にかけた人もその家族も
私であったかもしれないのに
明日の私かもしれないのに
  1. 2005/12/09(金) 15:50:53|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5


冷たい空気に
からだを固くしながら
今日の空気を深呼吸
イヤホンから聞える
弾む音符を追いかけて
さあ今日も走っていこう

今日もまた
私の私にしかできない私のための
特別な今日を作るんだ
  1. 2005/12/04(日) 07:38:34|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

光の種


たくさん泣いた人は
たくさん笑える権利がある

たくさん悩んだ人は
誰よりも晴れた空を見る権利がある

たくさん痛かった人は
本当の痛く無いを知る権利がある

たくさん我慢した人は
たくさんわがままを言う権利がある

たくさん死にたいと思った人は
たくさん生きる権利がある

涙も苦しみも痛みも悲しみも全てみんな
明日の光の種


だいじょうぶだよ
あなたには誰よりも幸せになる権利がある

だから今は全部忘れて眠ればいい
  1. 2005/12/02(金) 00:25:53|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

-天気予報コム- -FC2-