やさしい曇り空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夕空

おどりだすワルツ
刹那の三重奏
あおとみどりとオレンジの空

細い三日月空にひっかかり
ほんのすこうし淡いひかり

一面の田は大きな水鏡
空も街も月も映す
絶妙のハーモニーゆれながら

スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 22:44:35|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

眠らない夜


眠らない夜
灰色の空
明滅するビルの赤い灯り

夢を見るのは私か街か
夢を見たのは私か街か

いつまでも空を見ていた

赤い灯りの鼓動の中で
  1. 2006/05/28(日) 23:24:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

シール


キラキラかがやく星形シール
本のページにはさまれた

あんまりかわいいから
だれにもみつからないように
だれにもとられないように
ここに隠しておくのだと
あの子はしまった
ずっーと そっと

本のページにはさまれて
外も見えず
息もできず
かがやくための光も差さない
それでも幸せ
ずっーと そっと

忘れ去られて本のまま
売られてしまったかわいいシール

いつかあの子に会ったなら
あの子のまわりをきれいに飾ろう
キラキラかがやく私をみたら
あの子は笑顔になるだろう

だからそれまで ずっーと そっと
大事だからと  ずっーと そっと
いつか会えたら ずっーと そっと
  1. 2006/05/28(日) 23:21:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

本物


そのネックレスは偽物じゃない
本物のガラス
本物のプラスチック

なんだって何かの偽物なんかじゃない

本当の名前はきっとどこかにかくれてる
  1. 2006/05/25(木) 09:03:03|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

ミント


荒れ果てたお庭の花壇の真ん中で

ゆらゆらミント
ゆらゆらミント

風にうたう
空にうたう
命をうたう

力強く緑
天へと天へとまた手を伸ばす

ゆらゆらミント
ゆらゆらミント

風にうたう
空にうたう
命をうたう
  1. 2006/05/25(木) 08:51:15|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

最初からしらない


水色のリーフの写真
奥は深い紺のうみ
微かに波の白の線
指でなぞってみる

みんなどこかいくの?
そしておいていくの?

どうしてどこかいくの?
どうしておいていくの?

いったいどこへいくの?
いったいどこにおいていくの?

物言わぬうみの写真
白い波をなぞり
はさみで線を切る

きっとあわなければ悲しくない
なければ気にならない
最初からしらない

だれもいかない
おいてもいかない
ただここに私がいただけ
  1. 2006/05/19(金) 17:07:06|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8


雨上がりのあまいかおり
濡れた霧のせかい
霧は光の線をうつし
月もなく
星もなく
ただすべてがたゆたっている

産まれようとする命も
消えようとする命も
同じように抱きながら
  1. 2006/05/19(金) 01:38:17|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

母の日


いつまでもたっても
あなたの目には
きっと小さな子供に見えてる私

知らぬ間増えた白髪に皺に
ふっと悲しくなる

ありきたりだけど
カーネーションを
聞えない声でありがとって言いながら

いつまでたっても
私の目には
毎日「おかえりなさい」って言ってくれた
大好きな大好きな私のお母さん
  1. 2006/05/14(日) 21:41:14|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

帰り道


巨大な高速道路の下は
緑色の鉄骨白いコンクリート

雨も降り込まない不思議な空間
鳩が仕方なく平和を歌う

隣のトラックは多量の排気ガス

車高の低い車太いマフラー

誰かの閉めた窓から重低音のBGM

工事中のせいでなんだか渋滞

重機が道路をたたき割る
ヘルメットのお兄さんはスコップを持ったまま

信号がかわって今いっせいに走り出す




分離帯には袋ごと投げたゴミ
天を目指し伸びる輝く草に埋もれてる

街路樹は光緑色そしてつつじ色の川

電線をよけてハート型の樹

喫茶店の黄色のあかり
営業中は駐車場いつも満車

歩道の自転車高校生
傘もささずに猛スピード
制服のミニスカからスパッツ見えてる

マックの期間限定の看板

ガソリンスタンド響く異常に元気な声

ビジネスセンターはいつも大安売りののぼり

あのコンビニの角を曲がればもうすぐ家に着く
  1. 2006/05/09(火) 16:26:48|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

いとし雨


あたたかきいとし雨
やさしく叩く頬 髪 まぶた

つめたさに泣くんじゃない
つよさに泣くんじゃない

いいよって許してくれるそのあたたかさ


ただ

ただそういうものだけにしか崩せないもの

あたたかきいとし雨
ふれては流すなにかのかけら







※ミロルさんの「月夜のささめごと」の「雨・・・」のTBしてます。
  1. 2006/05/07(日) 14:16:29|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:9

破片


いつもそばにあった小さなでんき
われて小さな破片にかわる

今も目の中に見える
その澄んだ光

かわりをさがしても
おなじ物はなかった

壊れてしまってからでは
遅かったよね

破片で線を引く身体
いつだって後悔は
私を赤く染める
  1. 2006/05/06(土) 00:40:30|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

5月


明瞭なりんかく
濃い蜜を秘め鳥の鳴く
さらさらと吹く風
もうすぐ君におちる

誰もしらないけれど
僕はしってるよ

くすくす笑う淡い緑葉
あっという間に大人にかえる
5月がくすぐる魔法だから
  1. 2006/05/04(木) 01:28:23|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

-天気予報コム- -FC2-