やさしい曇り空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

溶かす

霧の雨が優しく包む街
時間をつかまえてゆっくりと漂う粒子


あの日失った忘れ物も
見えなくなった誰かも
この霧の粒になって
きっとここに在る


ゆっくりと
時間に全てを溶かしているんだ

スポンサーサイト
  1. 2006/06/29(木) 16:39:48|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

曖昧なもの

いろんなもののすきまに
隠れている


はっきりわかるものの間の
はっきりしないもの


かき分けて確かめようとしても
掴みきれないもの


たまにはその曖昧な物に
浮かんで漂っているのも好き


湿度の高い暑さのなかで
通り過ぎる一涼の風を追うように

  1. 2006/06/28(水) 18:04:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

うぐいす

川は濃緑でするりとひかり
岩には山ツツジが赤く咲く
釣り人は糸を垂れ身動きもしない
時折鳴く鶯が時間の存在を示す


ここはまるで別世界
ほんの少し走っただけで
日常とかけ離れた空間は在る


だから今度どうにもならないと思ったら
車を飛ばしてここに来よう
ちがうスピードの時間の中で
どうにもならないことは
ほんとにどうにもならないのかを
もう一度考えに来よう


今 そうだねというように
また鶯が鳴いた

  1. 2006/06/25(日) 17:26:13|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

美しい水


美しい水をください
戦場の泥水をそれでも飲まねばならぬ子に


美しい水をください
お母さんがいるのにいない子に


美しい水をください
泣きたくても苦しくて涙のでないかわりに


美しい水をください
油の浮く海に住む魚たちに


美しい水をください
好きでいたいのに自分が一番嫌いな人に


美しい水をください
閉じられた扉の前に
それでも世界にやさしく強く包まれていると実感できるような


美しい水をください
どこにも売ってない透明な輝く美しい水を


美しい水をください
あなたの心の透明な水は
誰かの乾きを潤して
やがては全てを包む水になる


美しい水をください
いつかそれが満たされたなら
私はたくさんの水になって
またたくさんののところに流れていくのでしょう





そんな横顔フリーキック の、「水知らずの人」を読んで書きました。


 

  1. 2006/06/23(金) 14:45:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

平気

手のひらの熱は
冷たい壁に押しつけて
知らないふりをしていよう


平気なふりは上手くできるけど
平気でいるのは難しい


そんな簡単にできた人になんかなれない
そんな簡単に強くなんかなれない


高慢な目つきも
不遜な態度も
ほんとはしたくないのに


これ以上私の心乱さないで


涙を孕んだやわらかな雲に
やさしく包まれたなら


こんな気持ちさえいつか
海にかえれるのかな

  1. 2006/06/22(木) 17:36:52|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

6月の叫び

走り去っていくバイクの音は


どうしてなんだか悲しいんだろう


断末魔のように私の胸に叫びを残して




 湿気を帯びた6月の風


きっともうすぐ雨が降る

  1. 2006/06/21(水) 19:24:41|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

夏のセレナーデ

闇の夜
ベットを抜け出し

木々の吐息
湿った土のにおい
蛙のこえ
夜に飛ぶ虫の羽音
闇に包まれ
私はかわる

私は色のわからない花
闇の中では
ほんとの色は見えない
だけど昼間の色だけが
決して正しい訳じゃない

闇に息づく赤
浮き上がる白
褐色に揺れる黄色
ひそむような青

アスファルトの上
そっと座り込み
呟くように
夏の歌をうたおう

甘く濃厚な果実のかおり
湿った闇に混ぜ
眠るあなたの耳元に
そっと秘かに届くように
静かに甘く響くように

  1. 2006/06/18(日) 18:57:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

しずく

天気予報は雨
昨日も今日も雨

しずくしずく落ちてまわれ
ここにもそこにあちらにも
天に還った海の水

天気予報は雨
今日も明日も雨

しずくしずく落ちてまわれ
ここにもそこにあちらにも
天に還ったあの日の涙

天気予報は雨
明日も明日も雨

しずくしずく落ちてまわれ
ここにもそこにあちらにも
天に還った誰かのこころ

  1. 2006/06/18(日) 01:40:22|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

雨のうた

雨のうた
こころしずめて

ゆるく風
通り過ぎてく


何度も来る今日は
同じじゃないと知っていたけど
結局は同じ顔で過ごして

知ってるよ
時間は無限にあるようで
ほんとはそんなに無いことも

それでもいいよ
しらないふりで

雨のうた
こころしずめて

永遠を
それでも永遠と
信じていたいそんな日もある

  1. 2006/06/17(土) 17:31:28|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

茜空

頭上に広がる茜空
透明に燃える朱
すうっと溶けた悲しみは
空に染みて輝く

落ちてしまった夕日姿無く
雲はどこまで染まりゆく
ポロッと落ちる強がりに
本当の自分だけが残される


幸せを幸せに感じられますように

大好きなあなたも許されますように

そして
この美しい空を見せたいと思う幸せが
ずっと続きますように

ずっと続きますように

※ルナルナさんの「茜空」に勝手にTBしています。
  1. 2006/06/14(水) 15:42:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

-天気予報コム- -FC2-