やさしい曇り空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

足跡

そうやってたくさんの言葉をつないだ


でも伝えたいことは何だったんだろう


私が一瞬 心に留めた想いは
いつだってすぐに
空に空気に水に風に溶けてしまって
すうっと拡散してしまって
後には何も残らない


だた立ちつくした私の後ろに
真っ直ぐじゃない微かな足跡






スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 10:42:14|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

椿

たくさんの狂気を紙袋に詰めて
素知らぬ顔でコツコツと音を立てて歩く


歩道と車道を隔てる真っ白なラインを
はずさないように行ければいい


誰も知りはしない



ただ街路樹の赤い椿が私を見ていた




 



 

  1. 2007/02/23(金) 01:51:26|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

春のワルツ

赤い花が咲いた
赤い花びらが
やわらかな日差しを
そっと赤く照り返す
くすっとゆれた空気は
誰かの心ゆらし
その世界にふんわり
赤い色をつける


黄色の花が咲いた
黄色い花びらが
真っ直ぐな日差しを
ふんわり抱きしめて返す
ぽかぽかゆれた空気は
誰かの心ゆらし
その世界にぎゅっと
黄色い色をつける


ゆれるゆれる世界に
ゆれてゆれて合わせて
この一歩からも
この一言からも
全てはじまり


さあ 
そっと世界をゆらそう


 


 


※ワルツのリズムで読んでくださるとうれしいですv


 



  1. 2007/02/17(土) 14:30:41|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

水仙

大地にしっかり根を張って
まっすぐに まっすぐに
葉を伸ばし 茎を伸ばし
凍えても厳しくても
思いっきりの力で空へと伸びた


耐え抜いた誇りは消えはしない
背筋を伸ばして前を向く
派手さのない小さな花よ


風に揺れて一斉に笑えば
その芳香が全てをあらわす
飾らなくても 語らなくても






 

  1. 2007/02/12(月) 02:10:21|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

暗号

忘れられてしまったら
悲しいから
あちこちに暗号を描こう


いつか誰かが解いても解かなくても
構わずに描かれた暗号は
あふれるように転がって
誰かを抱きしめたままでいる


見えなくても



 

  1. 2007/02/07(水) 17:14:42|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5

知らない歌

知らない歌
でたらめな歌
掠れた歌
要らない歌
口ずさんで歩こう


赤茶けた岩地には
潤いもない
それでも指す日差しが
うれしいのか悲しいのか
私にはわからない


ララララ~ララ~
誰かが捨てた歌
そっと拾って歌おう
でたらめなメロディーをつけて
少し掠れた声で
だれがやめろと言っても
知らない顔で


 



※相変わらず自分が暗いので、とても暗くてすいません。明るい気分でここに来た人は後悔しそうですね(汗)ほんとはラブラブの恋愛詩を書きたいのにどうしてこうなってしまうのでしょう・・・。次こそは!



  1. 2007/02/05(月) 09:56:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

ある日私は

ある日私はヘビになり
枝に絡まりゆらゆら揺れる
遠くに見える枯れた草原


ある日私は犬になり
投げられたボール追いかける
転がっていく白い時間


ある日私は山羊になり
柔らかな草を探し歩く
緑の少ない山の斜面


ある日私はゴイサギになり
暗闇にに一声叫び飛ぶ
幸せな人の屋根の上


ある日私は人間になり
夕焼けの空で指切りをした
約束はもう思い出せない






  1. 2007/02/02(金) 16:17:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

-天気予報コム- -FC2-